TSUKIBOSHI

TECHNICAL INTELLIGENCD技術情報

現場の工夫と産学官の連携で、
より高度な技術を開発

自転車、オートバイのスポークからはじまり、長尺ボルト、中空リベット、精密シャフトと、拡充しつづける製品展開。
そして、多様化・高度化をきわめるお客様のニーズ。月星製作所はそれらにあわせて、技術の開発・導入を積極的におこない、
より高度なものへ磨きあげてきました。現在も、機械設備の内製など現場レベルで工夫をかさねるほか、産学官の連携もはかりながら、
冷間圧造をコア技術にさらなる技術の進化を目指しています。

冷間圧造

常温のまま塑性変形し、ニアネットシェイプ化※

冷間圧造は、常温のまま材料に塑性変形をくわえ、金型のなかで完成品形状に近い形状に成型する塑性加工技術です。月星製作所は、この技術を駆使して、いわゆるニアネットシェイプ化を目指しています。金型の工夫次第で複雑な形状にも対応できるほか、寸法精度と表面粗度を高い水準で維持できます。また、材料のファイバーフロー(繊維状組織)を切断せず成型するため、すぐれた強度を実現できます。さらに、熱間・温間圧造にくらべ、加工精度が高く工数を軽減できる、金型の寿命が長い、駄肉が少ない、材料がムダにならないなどの特長があり、コストの削減や生産の効率化に大きなメリットをもたらします。月星製作所ではこの冷間圧造技術を創業以来、独自の工夫をくわえて進化させてきました。現在では、高度化・多様化するお客様のニーズにおこたえするためになくてはならない、コア技術となっています。

※ニアネットシェイプとは : 加工の段階で最終製品に近い形状を得る成形法のこと

冷間圧造の様子

プレス加工

冷間圧造に組み合わせ、より複雑な形状へ加工

プレス加工は、材料をより多種多様な形状に加工する技術です。月星製作所では、コア技術である冷間圧造で成型した加工品に、このプレス加工を2次加工として複合させることで、従来、実現が困難だった製品の加工を可能にしました。また、プレス加工の特長をいかした製造方法を開発し、より複雑かつ高精度な製品の製造を目指しています。

プレス加工の様子

2次加工

切削、研削、転造など、精密な加工で最終製品へ

2次加工は、冷間圧造でニアネットシェイプ化した製品ブランクに、より精密な加工を施し、完成度を高める工程です。月星製作所では、塑性加工の限界への挑戦として、冷間圧造を駆使してニアネットシェイプ化をはかり、2次・3次加工における切屑の排出を減らしながら、最終製品としてお客様に供給しています。おもな加工技術には、切削、研削、ネジ転造があります。また、おもな表面改質には、ショットブラスト・研磨などがあります。そのほか、材料の機械的性質改質では、熱処理があり、協力工場と密接に連携しながらおこなっています。

表面処理加工

メッキや塗装を施し、製品の機能を拡張

表面処理加工は、工作物に金属の薄膜や各種処理剤を加工する技術です。電気メッキ(亜鉛メッキ、クロムメッキ、合金メッキなど)、ジオメット処理、塗装などがあり、おもに製品機能および耐食性の向上を目的としています。環境に配慮したクロムフリーへの対応はもちろんのこと、お客様のあらゆるご要望に柔軟に対応できる体制を、協力工場との密接な連携のもと構築しています。