本文へジャンプ
  • 製品ができるまで
  • 生産体制
  • 各部署の紹介

製品ができるまで

01/検討

お客様から製品の図面や品質規格などをお預かりし、製造方法検討や概略工程に関する計画の立案、
また、これにもとづく概算価格の算出(お見積書の作成)をするなどして、
お預かりした引きあい製品の製造が量産レベルで実現可能かどうかを検討します。


02/製品開発計画

製造可能と判断した場合、金型の設計・製作、加工機械や工具などの選定・手配をおこない、
製品の仕様を詳細に決定します。

各事業部の連携による月星の製造体制


03/試作トライ・評価

お客様からいただいた製品の図面や品質規格、また、製品開発計画で決定した製品仕様および
製品実現計画にのっとって、製品を試作します。試作後、製品がもとめる品質をクリアしているか、
お客様にも確認をとりながら精査します。なお、製品開発計画、試作トライ、
試作評価は、試作品が求める水準の品質になるまで繰り返しおこないます。


04/量産試作計画

高品質の製品を高効率につくれる製造ラインを構築するため、コア技術・冷間圧造工程の
設計支援システムである、CAEによる鍛造シミュレーションを活用しながら、
適正な工程設計やレイアウトを立案します。


ギヤ解析

セットボルト解析

CAE(Computer Aided Engineering)

製品開発や工程設計を支援するコンピュータシステム。
製品の性能や製造工程の妥当性を事前に検証することで、
より高品質かつ高効率な量産を実現できます。

 CAEでの解析の様子を動画でご覧ください


05/量産試作トライ・評価

量産試作計画で立案した工程設計やレイアウトにのっとって、製造ラインを構築し、
量産試作トライをおこないます。量産製造ラインがもとめる品質をクリアしているか、
お客様にも確認をとりながら精査します。なお、量産試作計画、量産試作トライ、量産試作評価は、
量産製造ラインが求める水準の結果をだすまで繰り返しおこないます。


06/量産

すべての準備がととのったら、量産を開始します。量産を開始してからも、
製造ラインの改良・改善活動や技術者のレベルアップをおこない、高品質の製品を
高効率につくることに積極的に取り組みます。


07/検査・出荷・納品

完成した製品に不良や不具合がないか、目視や検査機器ですみずみまで検査します。
検査に合格した製品のみを、汚損・破損がないよう
しっかりと梱包し、お客様におとどけします。


ページの先頭へ